ITは人々のあこがれを背負っている

ITには、人々のあこがれが詰まっています。
実現したもので言えば、携帯電話や、安全な車でしょう。
しかし、人々の憧れは尽きることはありません。中でも、人々の憧れが強いものがロボットでしょう。ロボットの技術は、日々進歩しているものの、自立型AIや巨大なロボットはなかなか出来ません。
それは、制作に莫大な費用がかかるとともに、プログラムの構築の難しさがあるからなのです。

巨大ロボットに関して言えば、立たせることは出来ても、動かすための動力や、きちんと歩かせるための技術が足りないのです。巨大ロボットを一台作るためには、28億円かかるとまで言われています。
しかし、諦めることはありません。
携帯電話の小型化が出来たように、時代が進むに連れてできることも多くなっていくのです。あのアニメやマンガで見たような世界は、今着実に近づいてきているのです。気づいた時には、当たり前になっていることでしょう。

その片鱗が、機械による人間の補助なのです。足が不自由な人のために、ロボットを使って補助をしたり、人間の動きを完全にトレースして動くアームや、外部の視覚を脳に直接電波として送ることで、視覚障がい者の人も目が見えるようになってきています。

この技術が、機械的に小型化され、簡略化されることで、障がいを持ってしまった人にも、気軽に装着できる時代が近づいています。
ほとんどのパーツを機械にしてしまったり、アンドロイドとして復活できたりする時代も近いのです。

そのためにはITの進歩が欠かすことが出来ません。ITは人々の憧れを背負って、日々進歩しているのです。そんな憧れのIT業界へ足を踏み入れたいとお考えの方もいることでしょう。今、全く別の職種で頑張っているという方も、人材不足で未経験から募集をかけている企業もたくさんあるため、IT業界で活躍できるチャンスはあるようですよ。

コメントを残す